エレシン日記

砲丸とオリンピック

Filed under: エレシン日記 — タグ: , — 小澤@エレシン研究所 @ 18:18

 

辻谷政久氏

今日は駒ヶ根市経営講座の講演会

講師は有限会社辻谷工業 代表取締役 辻谷政久氏

世界で唯一、重心が真ん中にある砲丸を作って、町工場から世界の舞台へ製品を送り出したんだそうです。

オリンピックへの提供はすべて無償なんだそうです。使われれば、優勝してくれれば、その後大ヒット間違いなしでしょうが。

1992年バルセロナでは決勝では使われなかったものの練習用の16球すべてが紛失、要するに世界へバラまかれていったらしいです。良さはわかったんでしょうね。重心が1mmズレていると飛距離で1mも違うとされているようです。投げる瞬間に手の中でぶれるらしいです。

1996年アトランタでは改良を重ねたスジ入り砲丸を提供。指紋の間隔をリサーチして10~12本のスジをランダムに入れたところ大好評で決勝出場者全員が採用して金銀銅を独占、2000年シドニーでも同様に独壇場だったようです。

砲丸

しかし、オリンピックはカネ・カネ・カネの世界だそうです。

どこかかから横槍が入って、スジ入りは禁止となったそうです。

それでも辻谷社長は世界唯一の重心を武器に2004年アテネにも提供し、みごと3連覇を成し遂げたそうです。

写真の右がアトランタ仕様、左がアテネ仕様。

2000年シドニーの最中にサ○ラ○チ会長の親族の葬儀の際は、当時2008年に立候補していた北京と大阪との熾烈な香典合戦があったとかなかったとか・・・

 

 

コメント

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.