エレシン日記

夏山シーズン

Filed under: エレシン日記,今日の駒ヶ岳 — タグ: , , — 小澤@エレシン研究所 @ 08:09

 

駒ヶ岳

ここのところずーとバタバタしておりました。

 

相変わらず駒ヶ岳はどっしり構えています。

この辺の中学校では駒ヶ岳登山を2年生が行ないます。

いい経験ですよね。

 

経験と言えば一品モノをやらせていただいている弊社もその都度、いい経験をさせてもらっています。

新しいこと、知らないことにチャレンジして次に生かせていけたらと思います。

常にカット&トライなのでなかなか儲からないですが・・・

 

この写真の右下にロープウェーのゴンドラが見えますがわかりますか?

夏山シーズン はコメントを受け付けていません。

マイコンカーラリー

Filed under: エレシン日記 — タグ: , — 小澤@エレシン研究所 @ 12:22

 

マイコンカーラリー

昨日は駒ヶ根工業高校の小池先生からお誘いいただいて、岡谷市のテクノプラザおかやで行われている”ものづくりフェア2011”の中の「マイコンカーラリー テクノプラザおかや杯2011」を見学に行きました。

ルネサスが1996年からマイコンボードやモーターの提供などの協力をしているようです。

この大会では県内の工業高校8校約100名が参加して行われていました。

H8-3048

マイコンやモーター・外形サイズ等は統一されていますがその他はオリジナルだそうです。

マシンの性能もさることながらやはりマイコンソフトの処理の仕方でかなり差がでるのかなといった印象です。

小池先生

指導されている小池先生も一般参加で走らせていましたが、やはりかなりのスピードでした。

クランクやコースチェンジ等の処理の仕方がちがうんでしょうね。

仕事でマイコンを使っている者としてはかなり興味があります。

123

最後までは見てきませんでしたが2レースみただけで結果は歴然でした。

マイコンカーラリーやってみたいですが、始めるとハマりそうで・・・

 

マイコンカーラリー はコメントを受け付けていません。

計測制御

Filed under: エレシン日記 — タグ: , — 小澤@エレシン研究所 @ 10:56

 

下弦の月

昨日の6時には山からちょうど顔を出してきた下弦の月と明けの明星が綺麗に見えましたが、今朝はもう月が見えなくなりました。

日々刻々と変化しています。

ツララ

昨日の日中は数℃まで上がり陽射しも暖かく感じましたが、日陰はこんな風にとけた水もツララになっていました。

 

日々変化といえば、今回の仕事は計測器等を使用します。

計測器

最近マイコンのI/OやA/D等で計測できる弱電系でしたが、今回はAC200V、DC400Vぐらいの

当社的には強電での計測なので多少ビビッてます。

今までは計測器の制御をGPIBで行なってきましたが、今回はUSBでの制御。

今のPCはUSBポートをいっぱい持ってますからね。

OSはWindows7で開発言語もVisual Basicの最新の.net系になります。

ビビりながら早急にやらねば。

 

計測制御 はコメントを受け付けていません。

駒ヶ根工業高等学校

Filed under: エレシン日記 — タグ: , , — 小澤@エレシン研究所 @ 16:27

 

駒工

 

駒ヶ根工業高等学校の課題研究発表会に行ってきました。

今年で13回目だそうです。

機械科・電気科・情報技術科の3年生が26のグループに分かれて取り組んできたテーマの内、上位?6チームの発表でした。

 

機械科「局所排気装置の製作」

電気科「電動カートの製作」

情報技術科「Excel VBA」

機械科「エンジンカートの研究・製作」

電気科「簡易テルミンの製作」

情報技術科「電光掲示板の製作」

 

専門高校ならではの取組ですね。

ウチの子は二人が専門高校、一人が普通高校で、やはり普通高校はひとりで自分の魅力を引き出していかなければならないので大変な気がします。(現実問題受験で苦労してます)

自分の得意とすることを高校生で身につけれるということは素晴らしいです。

どこまで自分達で立案して実現したかこの後の先生方との懇談会で聞いてきます。

こういったことで達成感を味わえれば就職しても進学しても次へのチャレンジができる人間に成長できるんでしょうね。

当社の仕事柄、「電光掲示板の製作」は興味を持ちました。

高校生でここまでできれば即戦力になるのではないかと。

できる子は進学して地元に戻ってこないのが現実かな?

年当初から一緒に協力して取り組んで確保するのも手かも。

ソースカツ丼

その場を利用して駒ヶ根ソースかつ丼会から500円でソースかつ丼が食べられる割引券の贈呈が行なわれました。

受験に勝つ(カツ)ということで駒ヶ根市内の中学高校の3年生に贈っているそうです。

ウチの息子はもらったのかなぁ、中学の時はもらってからもう何年もこの活動を続けてますね。

これからもずっと続けていける会にしたいと副会長の「いわたや」池上さんが語っていました。

駒ヶ根工業高等学校 はコメントを受け付けていません。

USB搭載マイコン

Filed under: エレシン日記 — タグ: , — 小澤@エレシン研究所 @ 22:32

 

マイコン基板

当社製品のラジコンカー性能評価装置もそうですが、最近USB搭載のマイコン基板を使う機会が多い。

上の写真のマシンの下に入っているのがマイコン基板です。

マイコンでデータ測定して、PCへデータを送るといったケースが多いからであるのですが。

以前はRS232で通信していましたが、232ポートを持たないPCが増え、逆にUSBポートは必ずあり、安価なハブでポートを増やせるといったPCの変化もある。

ましてUSBはRS232にくらべ格段に速い。

客先で作られた設備がうまく動作せず、データを取得し終わってから通信をしていて非常に時間がかかるいということで、当社ではこのマイコン基板にて製作したところ、データを取得しながらPCへデータを送ってもUSBなら間に合うためタイムラグのない設備を提供することが出来ました。

適材適所ですが、よりよいものをチョイスしていいものを提供できるように日々勉強です。

USB搭載マイコン はコメントを受け付けていません。

DENSUKEプロジェクト

Filed under: エレシン日記 — タグ: , , — 小澤@エレシン研究所 @ 17:47
古宇利島

EMS-JP沖縄営業ミーティングの目玉は「DENSUKEプロジェクト」

インタラクティブラボラトリー武田社長様から説明がありました。

「DENSUKEプロジェクト」とはAndroidを利用した未来型システムや要素技術を共同で研究開発・事業化を促進するプロジェクトなのですが、具体的には・・・

 

ペット型ロボットによる屋内監視、Android端末による井戸端会議・バイタルチェックなど様々な可能性を実現していこうというプロジェクトのようです(説明不足ですが・・・)

AIBOの生みの親でもある大槻 正様にも協力いただいているようです。

単なる癒しだけでなく安心安全面でのロボットとの共存といったところでしょうか。

そんなわけで是非とも沖縄のIT企業さんとの協力体制が必要になっています。

沖縄だけでなくEMS-JP全国各社それぞれの持ち味を生かしながらこのプロジェクトに参加できたらと動き出しています。

DENSUKEプロジェクト はコメントを受け付けていません。

EMS-JP 沖縄営業ミーティング

Filed under: エレシン日記 — タグ: , , , — 小澤@エレシン研究所 @ 18:54

 

沖縄

先週金曜日、第2回EMS-JP沖縄営業ミーティンググの為、羽田発8時30分にフライトで那覇へ行って来ました。

沖縄ではIT関連の企業様が多くモノ作り方面の企業様は少ないと聞いております。

今回はサブテーマが「Android+Armadillo」ということでしたので、ほとんどがIT関連の企業様で20社30名ほどの方がお見えになりました。

EMS-JP

沖縄でもKGP等いろいろなコンソーシアムがあるようですが、経済状況はかなり厳しいようです。

沖縄のIT企業様とコラボしたいというテーマもあり、皆様興味津々のようでした。

Android(アンドロイド)とは、携帯端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームです。

Googleから無償提供されてはいますが、機能が盛りだくさんで携帯以外での使用には不要なものもある。

OESFにも加盟されているEMS-JP会員のアットマークテクノ実吉社長からArmadillo(ARMコアを搭載した高性能・低消費電力な小型CPUボード)とAndroidの説明がありました。

OESFという組織が、携帯電話機以外の組込みシステム機器産業全般で利用し、普及させることを目的にAndroidをより組み込み機器に使い易くリリースしているそうです。

首都圏と沖縄企業とのコラボをどうやったらうまくやっていけるのか、まだまだ始まったばかりです。

 

四苦八苦のその後

Filed under: エレシン日記 — タグ: — 小澤@エレシン研究所 @ 18:35

 

表示器

〇菱のシーケンサにパ〇の表示器をつないで表示器経由でシーケンサの書き込みやモニタができない件ですが、できました!(^^)!

パ〇さんのお問い合わせセンターに電話したら、あっさり 「できません」 と言われたのであきらめかけてたら

問い合わせメールもしておいたらそちらから「できます」との回答が。

両メーカーでタッグを組んでやっているわけではないので簡単にはオープンにできないのか、まずはマニュアルを読んでくれとのこと。

了解してドライバーソフトを送っていただいたら~通信成功~しました。

パ〇のご担当〇〇〇さんありがとうございました。

それにしても時間かかりすぎちゃったなぁ・・・

これも経験ですかね。

 

 

四苦八苦のその後 はコメントを受け付けていません。

アルミ板彫刻

Filed under: エレシン日記 — タグ: , — 小澤@エレシン研究所 @ 17:55

 電装BOXのパネル彫刻用にローランドのモデリングマシンを使っています。

プリンタ感覚で文字が彫れます。

ROLAND1

テプラ貼り付けよりグッと見栄えが良くなります。

黒アルマイトがかかっていれば彫刻しただけで地のシルバー色が出ますので墨入れなしでOKです。

ROLAND2

白アルマイトの場合は塗料を彫ったところに入れて色をつけます。

たまに設定を間違えて板をダメにしてしまうこともありますが・・・

外注に出せば結構な金額です。

1文字50円とか聞きましたが相場はいくらなんでしょう???

このパネルは文字数が多かったから1文字50円なら20000円近くかかりそうです。

アルミ板が反ってたりするとうまくできません。

彫り下げ量が0.15mmですので。

小規模なら基板のアートワークを彫ることも可能です。

アルミ板彫刻 はコメントを受け付けていません。

3次元CAD

Filed under: エレシン日記 — タグ: — 小澤@エレシン研究所 @ 17:28
3D

当社ではメカ設計のみならず電装設計にも3次元CADを使用しています。

干渉等のミス防止のためなんですがね。

但し、メカ部品は各メーカーが3Dデータを用意してくれるようになりましたが、電気部品はまだまだです。

メーカーさんの考え方なのかな?

シーケンサにしてもキー〇ンスさんはあるけど、〇菱さんはないとか

電源にしてもイー〇ーさんはあるけど〇ーセルさんはないとか・・・

是非そろえていただきたいもんですが、待ってもいられないので2Dデータを見ながらエレシンライブラリーを増やしています。

ポンポンポンと部品を並べて効率よく設計ができるよう努力してまいります。

3次元CAD はコメントを受け付けていません。